鋳造

創業以来、先人達が積み重ねてきた技術を受け継ぎ、安定した鋳物を供給します。
さらなる鋳造業の進化・進歩に伴い、私達は“鋳物師”として日々技術を向上します。

有資格者

鋳造マイスター(ドイツ)
1名
鋳造テヒニカ(ドイツ)
1名
鋳造技士(日本鋳造協会認定)
3名
鋳鉄鋳物鋳造1級技能士
13名
鋳鉄鋳物鋳造2級技能士
12名

(2018年09月現在)

土佐の匠に高知県から認定

梅原 利一

専務取締役 梅原 利一

国内で唯一、ドイツの国家資格である「鋳造マイスター」「鋳造テヒニカ」の両資格を取得。
船舶や産業機械に欠かせない鋳鉄品製造の基盤を支える一人である。

生産工程を簡略化し、低コストで安定した品質の製品をユーザーに提供します。
また、鋳造の魅力を分かり易く若い世代に伝えていき、匠に認定される人材を育てていきたいです。

梅原 利一

鋳造能力

溶解能力
MAX 500t/月
生産能力
400t
対応材質
ねずみ鋳鉄(FC200〜350)
ダクタイル鋳鉄(FCD450〜600)
FC:FCD比率
FC60%:FCD40%
最小〜最大
鋳込み重量 1Kg〜2500Kg
最大枠サイズ
2200×2200

設備内容

設備機械型式・規格メーカー台数
ニューフラン自硬性砂再生機5t/h太洋マシナリー1台
ロングアームミキサーLAM-10SS 12t/h太洋マシナリー1台
フラン砂処理ミキサー5t,3t新東工業1式
高周波誘導炉1.5t,750kw,IGBT方式2電源富士電機2基
アンダーパンチクラッシャーUP-2,10t/h清田鋳機1台
モノレールブラストKSB-25 ハンガー式新東工業1台
台車式電熱処理炉W2000×H1450×L3000水上電機製作所1台
天井クレーン2.8t5基